人の印象に残るような作品というものがある。

 福岡にやって来る直前、駅でムンクの企画展があるというポスターがあった。そのポスターにでかでかと描かれていたのがムンクの『不安』という作品なのだが、死人のような目をした数多の人物がこちらに向かってくる絵。不気味で仕方なかったが、その絵のインパクトは強烈で、神戸の美術館まで私の足を運ばせた。

 自分も芸術活動をしているとはいえ、絵の専門的なことは何も分からないし、まして、ムンク自身がどういう人物だったかなど全く知らない。知っているのは『叫び』が有名ということくらいだ。

 ただ一つ言えるのはムンクの『不安』は私を惹きつけるには十分過ぎるインパクトとメッセージ性があった。ムンクが伝えたかったメッセージかどうかは分からないが、メッセージを受け取った。いや、むしろ、何かのメッセージが自分の中で湧き上がった。

 芸術家のあり方として、「誰かに自分のメッセージを伝えたい」というスタンスは間違っていて、「誰かに何かを感じて欲しい」とか「誰かの心の中で、その人しか感じないメッセージが湧き上がらせて欲しい」というあり方がいいのかもしれない。

 芸術は人に「これをどう思いますか?」という問いかけだけすべきで、「これをこう考えてください」という押し付けであってはいけないと思う。

 こういうことにムンクの『不安』が気付かせてくれたからこそ、今の自分の創作活動のテーマを「数学×アート」に加えて

 「問題提起」

というテーマを掲げている。

 ムンクの『不安』は自分のやっている芸術に「これでいいのか?」という『不安』を与えてくれたのだろう。