http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120613/k10015790461000.html

 終身雇用とか、就活の良し悪しが人生に与える影響が大きくなりすぎると思うんだけどな。むしろ、中途採用の受け口広くして転職するのが普通ぐらいの勢いがいいなぁ。

 たぶん、終身雇用を支持する人って失業するのが怖い人なんじゃないかな。前、セミナーで聞いたのは日本の「就職活動」は実質「就社活動」になってる。いざ、会社が潰れても、就職は職業が残るから食っていけるけど、就社は会社が潰れたら経験以外残らない。

 てか、まず、終身雇用とは言うけど、このご時世、今から定年を迎える40年後まで生き残ってる企業がどれだけあるのか。

 正直、就職なんかしなくても、幸せに生きる道なんていくつもあるのに、内定もらえないことで死刑宣告されたような顔をする。いざとなったら友人・親族達が助けてくれるはずなのに。一歩引いた遠慮がちな人間関係。頼ろうとすると「甘え」、助けようとすると「お節介」と周りから言われる。

 世間様は「世界の幸せ」「自分の幸せ」とかいう極端なところを語りがちだけど、「自分の周りの幸せ」くらいがちょうどいい。「誰か」に「ありがとう」って言われるよりも、「友人」に「ありがとう」って言われるほうがうれしい。どうせ幸せをプレゼントするなら、自分も幸せになりたいよね。