自戒。

 人に冗談をいうとき、「愛情表現だから」という言葉を免罪符として使っていないだろうか。「この人ならジョークだと分かってくれるだろう」と甘えてはいないだろうか。「傷つけるかもしれない」という懸念を忘れてはいないだろうか。

 本心ではなかったとしても、意地悪なことを言ったり、からかったりするのは相手の心にノイズとして残ってしまうかもしれない。「愛情表現」という言葉をつければ許されるかのように、「冗談のために相手を傷つけることのないように」という配慮を忘れてしまっていた気がする。

 俺は笑いながら、バカな奴に「バカ」ということはできないし、嫌いな奴に「嫌い」ということもできない。でも、「だから、分かってくれ」という考えは甘えだ。笑いながら、そういうことを言える相手は間違いなく大切で大切で、かけがえのない友人。だからこそ意地悪をしたくなってしまう。好きな子や仲良しな子に意地悪したくなってしまうのは、まだまだ子どもなんだろう。「そういう冗談は嫌だ」と言われたら、ちゃんと配慮できるようになろう。そして、「そういう冗談は嫌だ」としっかり言ってもらえる信頼関係を築きたい。

 冗談を言い合える大切な友達だからこそ、冗談を言うとき気をつけよう。
 でも、それでいて、冗談を言い合える心地良い距離感は大切にしよう。

 「いい友達」以上に「大切な友達」と言ってもらえるように。