少し前まで「応援しかできない」という風に思っていた。でも今は「応援してあげられる」と誇りに思っている。

 よくよく考えると、自分が応援されたとき、「応援しかしてくれない」と思ったことはなくて、「応援してくれている!」というそれだけだった。なら、応援するだけで十分、誇りに思うべきじゃないかと思えるようになった。

 今はただ、応援しかできなくても、誇りに思おう。