友人を機能として考えるのはすごく寂しく、貧しい考え方です。

 「Aくんといると楽しい。Bくんといると安心する。Cくんといると知識が深まる。」
 確かに、それぞれ機能に分割できそうです。でも、だからと言ってDくんが安心を与えてくれるからといってCくんが不要だという考え方はあまりにも貧しい。

 同じ安心感でも絶対に違う。共に感じた思い出の違い、趣味の違い、逆鱗の違い、いろいろあって誰一人として同じ安心感を与えられる人はいません。

 そもそも友人を「機能」でしか捉えられない人は、そもそも友人のことを見ていません。乃ち、その友人は「友人」である。友人のことを大事にしない人が、いかにして友人に大切にされましょうか。

 人に対して「代わりがいるからどうでもいい」という考え方はあまりにも心が貧しい。