今年に入ってから、いろんな場所でいろんなお仕事をさせてもらってる中で、よく「起業しないの?」みたいな感じで言われることがあります。もちろん、そんな感じで自分のやってることが十分社会に通用する程度のものだと評価してもらえるのは嬉しいことですし、続けてほしいと期待してもらえるのは光栄なことです。

 ただ、そんな感情とは裏腹に違和感を覚えるんですよね。なんでかなーと、よく考えてるんですが、最近ぼんやりと理由が見えてきている気がします。最近見つけた二つの理由をここで。

 一つ目はずっと”全力疾走”するのは好きじゃないからです。最近は面白そうなことに首を突っ込みすぎて、結果的に大学に入ってから全力疾走になっちゃってますが、実際の私は「一番最初に、次の景色を見るんだ!」って感じで全力疾走で競争するよりは、ゆっくり”散歩”しながら「あ、こんなところにこんな景色があったんだなー」と周りにいる皆と感動を共有したいタイプです。どちらかというと私の周りの起業家さんたちには”全力疾走”タイプが多い気がします。

 ”散歩”タイプでも起業家にはなれると思いますが、たぶん、私は起業家になってしまったら、ブレーキを踏んでくれる誰かがいないと、自分に合ってないことを理解していても、身体が勝手に全力疾走で突っ走ってしまうと思います。

 二つ目は同期が欲しいからです。サークルで同期らしい同期がいなくて、なかなかタスク的な面でも精神的な面でも苦労した経験があるので、同期は必ず欲しいんです。今はあいにく私と近いことをやっていて、同程度の能力の人がいないので、一緒に起業しようと思える人はいないのです。

 とは言っても、自分のやりたいことがやれない!とかなったときには何かしらアクションを起こすかもしれません。でも、一緒にやってくれる仲間が見つかってなかったら、フリーランスとかに落ち着くんだろうなーとも思います。うーん。

 ま、とりあえず、今は起業するつもりはありませんよ。細かいこと考えるのは面倒なので、時機が来ればやるかもねー、くらいのスタンスで楽に行きたいと思います。なるようになるさー。ケセラセラー。