激動の今という時代にパラダイムが幾度と無く変遷してるので、ジェネレーションギャップが生まれやすくなっている気がする。

前、YCAMに行った時に見たドキュメンタリ映像で、

『戦後、戦後』というけども、なったら『戦後』は終わるんでしょうね?と聞いたら『次の戦争が始まったときだね』と答えられた

という話がされていた。

「◯◯後」という言葉が登場した時にパラダイムが変わってるんじゃないだろうか。

「戦後」「バブル崩壊後」「震災後」

一番社会に向き合うようになったときがどの時代かによって、その人の価値観って変わる気がする。

ってなると俺は震災後の価値観を持った人間。まだ震災が起きてから日が浅いこともあって、同じ価値観を持った人間が少ないから、年長者とぶつかることが多いんだろうなーと、つくづく思った。