就職してから早2ヶ月が経とうとしていますが、仕事をやってる上で自分に足りてないなーという部分が多々あります。
自分に足りてない部分、自分が強い部分、そのあたりをぼんやり考えたり反省したりする日々です。

昨日『日経コンピュータ』の記事で「成長できる思考術」というものを見ました。

一つ上のヒューマンマネジメント

ここでも読めるみたいです。

その中で成長できない10のネガティブ特性というものがあったのですが、次のようなものでした。

  1. 考えない、悩まない思考停止
  2. 動かない、実行しない、立ち尽くす
  3. 柔軟性がない、頑固である
  4. 発信できない、働きかけない、共有できない
  5. 人の話を聞かない、傾聴しない
  6. 自分本位、思いやりが無い、人間音痴
  7. 想像力がない、発想が貧困である
  8. 目標がない、目的がない、夢がない
  9. 計画性がない、段取りが悪い
  10. 状況を把握できない、どの位置にいるかわからない

自分に当てはめて考えて、0-5(0:そうだと思う、5:全くそんなことはない)までの5段階で点数をつけてみようと思います。

特性 仕事 私生活 学生時代
1. 考えない、悩まない思考停止 3 5 5
2. 動かない、実行しない、立ち尽くす 4 2 5
3. 柔軟性がない、頑固である 2 2 1
4. 発信できない、働きかけない、共有できない 1 5 4
5. 人の話を聞かない、傾聴しない 2 1 1
6. 自分本位、思いやりが無い、人間音痴 3 3 2
7. 想像力がない、発想が貧困である 3 3 4
8. 目標がない、目的がない、夢がない 2 5 3
9. 計画性がない、段取りが悪い 2 5 3
10. 状況を把握できない、どの位置にいるかわからない 2 4 4

全体的に分析すると、

  • 仕事では受け身になりがちな(理由:仕事の全体像がまだ見えていないから)
  • 私生活は人の目を気にせずフリーダムに振舞っている。(理由:一人で過ごすことや一人でできることをやることが多いから)
  • 強気で傍若無人を振舞っている(理由:先輩よりも後輩に知り合いが多く、後輩に舐められず、ある程度の威厳は保ちたいから)

なんとなく、それぞれのテリトリーで別人格で振舞っている感覚はあります。
例えば、よく勘違いされますが、自分はまだ新卒で入社してまだ初任給も頂いていないぺーぺーなので、
学生時代のような後輩に見せる強い自分を見せようとしたら
調子に乗ってるとしか思われないので、うまく世渡りしようとしてるんだと思います。

(とはいえ、先輩から調子に乗ってると思われている節があるかもしれないと日々、怯えながら生きています。)

ケースバイケースで分けられているといえばそうなので、別に悪いことだとは思いませんが、
仕事上で受け身になりがちな傾向はよくないので、早く仕事の流れを覚えて、
ちゃんと技術も身につけて、いろいろと慣れていくことが必須なんだろうなと思います。

最近は新しく覚えるべきことが多いのでテンパっていますが、
休息・安息の時間をとって余裕を持って生きることは大事だなと思います。

電話などでテンパってた4月上旬の頃に比べると、その部分ではだいぶ余裕を持って対応できるようになりましたが、
他の部分でもちゃんと何をすべきか、できるかぎり把握しながら生きていけるように努力していこうと思います。