経緯

フロントを構築するときに面倒くさいSassやCoffeeScriptのコンパイルやらなんやらを自動化できるツールのGrunt

Gruntのすばらしさはこれだけにとどまらず、もっt様々なことを自動化することができます。

たとえば、地味に面倒くさいCSS変更後のブラウザの更新。デュアルディスプレイにして、片方の画面でブラウザを見ながら、もう一つでコーディングなんていうことをしていると、わざわざ、ブラウザにフォーカスしてCommand+Rという感じ。

Gruntはこの作業も自動化できるので、その方法の紹介。

必要なパッケージのインストール

Gruntはインストールされているものとして進めます。Gruntのインストールや基本的な使い方に関しての詳細はこちらの記事を参考あれ。

grunt-contrib-watchというタスクを使います。

通常、Gruntでは、gruntコマンドを叩くことでGruntfile.jsに記述されたタスクを実行するのですが、このgrunt-contrib-watchを使えば、ファイルの変更を監視して、ファイルが変更されると、自動的にタスクが実行されます。

インストールするためには以下のコマンドをターミナルで叩きます。1

Gruntfile.jsの記述

たとえば、test.scssが更新されたときに、test.cssとしてコンパイルし、ブラウザを更新する場合は以下のように追記します。2

ブラウザにアドオンをインストールする

ファイルが変更されたとき、grunt-contrib-watchからファイル変更のお知らせが来て、それを受けてブラウザをリロードします。3

そのために、次のアドオンを入れてやりましょう。自分はGoogleChromeがメインブラウザなので、次のアドオンを使っています。FireFoxなどにも同様のアドオンが存在します。

LiveReload – Google Chromeアドオン 4

動かしてみる

ここまで準備できたらOKです。

あとはGruntfile.jsが存在しているディレクトリでgruntコマンドを叩きましょう。すると、コマンドが終了せずに監視モードに入っていることがわかります。

次に、ブラウザでページを開き、アドオンのボタンを押します。

最後にwatchしているファイルを更新してみましょう。自動的にブラウザが更新されているはずです。もし、うまくいかなかったら、ターミナルに何らかのエラーが出ていると思うので、確認して修正しましょう。

まとめ

以前はgrunt-contrib-livereloadを別途インストールして、livereload.jsのスクリプトタグを埋め込むということをしていたのですが、grunt-contrib-watchに統合されたことで、より楽に自動更新ができるようになっています。デュアルディスプレイで作業している人にとっては、この設定をすることでおそらく1.5倍くらい実装スピードがあがるのではないでしょうか?


  1. --save-devを忘れないようにしましょう。これを書くことで、自動的にpackage.jsonが更新されます。package.jsonは必要なJSなどをリストとして管理しています。これによって、package.jsonさえあれば、npm installとするだけで、必要なファイルを全てダウンロードできます。 
  2. このタスクを実行するためにはあらかじめ、npm install grunt-contrib-sass --save-devを実行しておきましょう。 
  3. 正確にはlocalhostのポート35729にリクエストを投げています。裏でnodejsが動いていて、そのリクエストを受けて、nodejsのサーバがブラウザに対して、ファイルが変更されたことを知らせます。 
  4. アドオンではHTMLにlivereload.jsを埋め込んでいます。これがnodejsと通信するライブラリです。