経緯

WordPressを使ってWebサイトなどを構築していると、設定で管理すべき部分が出てくると思います。

例えば、企業のWebページとかだと、所在地や電話番号などはアクセスのページにあったり、footerにあったり。

こういう情報はカスタムフィールドなんかで登録するより、設定で管理したほうが自然です。独自の設定の作り方について。

作り方

設定項目の追加

まずは、functions.phpがごちゃごちゃするのは嫌なので、ファイルを新しくつくりましょう。
ここではcompany_setting.phpという名前にしておきます。

Viewの作成

company_settings_pageで指定したファイルを作り、Viewを記述しましょう。

これでおしまいです。

functions.php内で読み込む

ここまで来たら、ほぼ完成です。

あとはfunctions.php内でinclude 'company_setting.php'と書いてやるだけで、管理画面の設定の項目の中に「会社情報設定」があると思います。

まとめ

ページ全体で使う基本情報みたいなものは設定を新しく作って管理しましょう!